2017年愛知の花火大会最新情報!デートや七夕祭りの日程や口コミ

2017年の愛知の花火大会最新口コミ情報です。七夕祭りの情報も織り交ぜて、日時や時間などの日程だけでなく、穴場スポットやよく見える場所、例年の混雑状況や駐車場の情報、また子連れやデートのお役立ち情報やおススメのレストランなどもお届けします。

2017海の日名古屋みなと祭花火大会は屋台の並んだ通りがあなたを祭りの世界に引込む!

f:id:secondhandcar:20170702230323p:plain

名古屋みなと祭花火大会は、東海地方では最も人出の多い花火大会の一つです!

地下鉄『築地口駅』から『名古屋港駅』の間の国道には、いつもの様子とはガラリと変わってたくさんの屋台が並びます歩いているだけで、すべての人を祭りの世界に一気に引き込みます!

熱い夏祭りに、大人も童心にかえってワクワクすることでしょう!

 

海の日名古屋みなと祭花火大会

日時:2017年7月17日(月・祝日) 雨天決行 19:30~20:20

*荒天時は中止

場所:愛知県名古屋市港区 名古屋港ガーデンふ頭一帯

打ち上げ数:3,000発

去年の人出:約39万人

 

見どころ

毎年恒例の【海の日名古屋みなと祭】では、午前中から様々なイベントがガーデンふ頭で開催されています。そしてそのラストを飾るのが『花火大会』なのです。

色鮮やかなスターマインから始まり、10号玉をはじめとした大玉の打ち上げ連発、そしてフィナーレには、花火と音楽をシンクロさせた【メロディー花火】が、名古屋港一帯をカラフルに彩ります!

3,000発の打ち上げ数は、規模的にはそれほど大きくありませんが、伝統的な花火が、緻密なプログラミングのもと、芸術的に打ち上がる有様には、お祭りの雰囲気も手伝って、見た人すべてを感動させること請け合いです!


2016 第70回 海の日名古屋みなと祭花火大会 【メロディ花火】

 

会場へのアクセス

花火当日午後には、名古屋港へ繋がる国道154号が、築地口交差点以南において、車両通行止めとなりますので、周辺道路は例年、凄まじい交通渋滞が起こります。

車で行かれるのであれば、地下鉄『築地口駅』かあおなみ線『稲永駅』周辺で駐車場を探すことになると思いますが、名鉄協商パーキングなどはあっても、規模が大きくないので、結果として駐車場を探してウロウロさまようことにもなりかねません…

デートで行く際はお気を付けください。

電車

電車で行くなら、地下鉄『築地口駅』で降りて、屋台の立ち並んだ通りをブラブラ歩きながらガーデンふ頭まで歩くか、会場から最も近い『名古屋港駅』まで行くかになると思います。

電車で帰る際のポイント

花火が終わると一斉に『名古屋港駅』に人が群がり、地下鉄のホームにたどり着くのも時間が掛かって一苦労となります。解決策としては、

  • 花火が終わる前に『名古屋港駅』に向かう
  • あおなみ線の『稲永駅』まで歩く

実は稲永駅は会場から徒歩で30分くらい掛かるので、使う人が少ない分電車が来ればスッと乗れます。『名古屋港駅』で混雑に巻き込まれるよりも、『稲永駅』まで歩いたほうが、案外早く電車に乗れるかもしれませんよ?

 

おススメの観覧スポット

名古屋港のガーデンふ頭は、海に面したとても広い岸壁となっていて、周りには名古屋港水族館やショッピングモール、遊園地や飲食街が立ち並ぶ、巨大な観光エリアという雰囲気です。

この辺りであれば、どこからでも迫力満点の花火を見ることができますが、特に名古屋港水族館の周りは、視界を遮るものもほとんどないので、迫力ある花火を観覧することができると思います!

是非参考にしてみてくださいね。