2017年愛知の花火大会最新情報!デートや七夕祭りの日程や口コミ

2017年の愛知の花火大会最新口コミ情報です。七夕祭りの情報も織り交ぜて、日時や時間などの日程だけでなく、穴場スポットやよく見える場所、例年の混雑状況や駐車場の情報、また子連れやデートのお役立ち情報やおススメのレストランなどもお届けします。

2017豊橋祇園祭花火大会は手筒花火も見逃せない!穴場スポットもご紹介!

f:id:secondhandcar:20170703134023p:plain

豊橋祇園祭花火大会は、愛知県豊橋市で元禄元年より続く、歴史あるお祭りのメインイベントとして、毎年行われている花火大会です。

2日に渡って開催される花火大会は、初日が『手筒花火』、2日目が『打ち上げ花火』となっており、2日ともに見ごたえのある、大迫力の花火大会として有名です!

東三河最大級の花火イベントを見逃すわけにはいきませんよ?

 

豊橋祇園祭花火大会

・手筒花火

日時:2017年7月21日(金) 18:30~22:00 雨天決行

場所:愛知県豊橋市 吉田神社

・打ち上げ花火

日時:2017年7月22日(土) 19:00~21:00 小雨決行

*22日(土)が荒天の場合23日(日)に延期

場所:愛知県豊橋市 豊川河川敷

打ち上げ数:12,000発

去年の人出:10万人

 

見どころ

・手筒花火

f:id:secondhandcar:20170703143506p:plain

手筒花火が行われる、豊橋市の吉田神社は、手筒花火発祥の地と言われています。手筒花火は、節を抜いた竹の中に火薬を詰めたもので、火が吹き出ている状態の手筒を、脇や腹に抱えたままで打ち上げます。

火の粉を浴びながらも、勇敢に手筒を抱える姿は、まさに圧巻の一言に尽きます。

オレンジ色の炎が、歴史ある神社を照らし出す様子を見ていると、遠い昔のお祭りにタイムスリップしたような不思議な感覚を覚えます。

 

・打ち上げ花火

f:id:secondhandcar:20170703151051p:plain

船の上から、また川岸の3か所に設置された打ち上げ台から、途切れることなく花火が上がります。

豊川河川敷での全長140mに及ぶ大スターマインや、大玉花火の競演など、スケールの大きなド迫力の花火を見たい人には最高の花火大会になるでしょう。

夜空一杯に広がる花火と、それが川面に映っている様子は、まさに視界いっぱい花火だらけといった状態で、日ごろの疲れや悩みも一気に吹き飛ばすパワーを感じることができますよ?

 

会場へのアクセスは

f:id:secondhandcar:20170703152142p:plain

(画像出典:https://www.toyohashigion.org/

会場までのおススメは、豊橋駅から市電かタクシーなどの公共交通機関です。また豊橋駅からは、歩いて30分ほどの道のりになっていますので、家族や恋人とブラブラ散歩しながら行くこともできます。

車でのアクセス

花火当日は交通規制があり渋滞も酷く、会場近くまで車で行くことは得策ではないと思います。豊橋駅周辺の駐車場に停めて市電やタクシーを使うか、歩いて会場まで行かれることをお勧めします。

浴衣に下駄の彼女のためにちょっと奮発してタクシーを使ってみては?

男子も女子も花火デートとなれば、張り切って浴衣を着ることもあるでしょう。でも履きなれない下駄で足を痛めてしまうこともしばしば…足の痛みと一緒にテンションも下がってしまっては、デートも台無し!そんな時は思い切ってタクシーを使ってみては?

そんな失敗をしないためにも、財布にはいつもより少し多めにお金を入れておいてはどうでしょうか?

 

穴場?スポットは『豊橋公園』

ごみごみしたところで見るよりも、リラックスして落ち着いたところで見たいという人には、『豊橋公園』がお勧めです。メイン会場からは少し遠いのですが、打ち上げ台によっては、迫力ある音と光を体感できるでしょう!

穴場と言っても、すでに有名な場所になっているので、当日は割と早い時間から芝生に敷物を広げて陣取っている人もいます。場所取りをするなら乗り遅れないように!

 

まとめ

2017年7月21日~23日に渡って開催される『豊橋祇園祭』は、愛知県豊橋市の吉田神社で毎年7月中旬に行われる祭事なんですよ。

江戸時代に天王祭として行われ、神輿の行列は源頼朝をしのぶものとされ、鎌倉・平安時代の服装で練り歩きます。

そんな歴史あるお祭りのメインイベントとして開催される花火大会は、主催者の気合とおもてなしの心が強く感じられる、東三河の夏の風物詩となっています。

この夏は豊橋祇園祭で、家族や友人、恋人と夏の思い出を作ってみてはいかがでしょうか?