2017年愛知の花火大会最新情報!デートや七夕祭りの日程や口コミ

2017年の愛知の花火大会最新口コミ情報です。七夕祭りの情報も織り交ぜて、日時や時間などの日程だけでなく、穴場スポットやよく見える場所、例年の混雑状況や駐車場の情報、また子連れやデートのお役立ち情報やおススメのレストランなどもお届けします。

2017吉良花火大会_駐車場やおススメ観覧スポットのご紹介

f:id:secondhandcar:20170704163039j:plain

愛知県西尾市吉良町の【吉良花火大会】は、平成元年から始まって今年で29回目!

三河地区の夏の大イベントの一つで、この地域では最大級の規模と人気を誇る花火大会が、今年も吉良町で開催されます!

当日は午後6時から、大鯛みこしや山車が海岸道路を勇壮に練り歩きます。地元の小学生による『おたび』の披露や、太鼓行列や天王様行列が集落を回る様子は、どこか温かみを感じられる花火大会となっています。

 

吉良花火大会

日時:2017年7月22日(土) 19:30~20:50 小雨決行

*荒天時は2017年8月19日(土)に延期

場所:愛知県西尾市吉良町 宮崎海岸 宮崎漁港周辺

打ち上げ数:1,700発

去年の人出:2万2000人

 

見どころ

吉良花火大会の見どころは、やはり海岸で開催される花火大会なだけに、空と海の両方から彩り豊かな花火の光が、視界一杯に飛び込んでくる有様です!

西尾市の特産品である、あさり・いちご花火や、マスコットキャラクターのまーちゃ花火は、子どもたちのお気に入り。

夏の花火の定番となった華やかなスターマインは、ぴゅーっと夜空に上がり、パッと鮮やかな光を広げます、それから少しタイミングを遅らせて『ドンッ』という乾いた破裂音がお腹に響くのを感じると、今年も夏が来たなという幸福感に包まれるのではないでしょうか?

そして見どころは、夜空に舞い上がる花火だけではありません。

海に目を向けると365個の電球で五重塔、鳥居、とも飾りが装飾された提灯船が繰り出し、海からも光の芸術を味わうことができます。

 

アクセス

東名音羽蒲郡インターから国道247号経由で車で40分

名鉄吉良吉田駅からタクシーで7分

駐車場 

吉良恵比寿海岸駐車場 宮崎漁港周辺駐車場

午後3時以降の入庫は無料 約500台

f:id:secondhandcar:20170704170808p:plain

(画像出典:http://www.240kanko.com/

それぞれの駐車場にトイレがあります。

当日は午後6時ごろから花火大会終了まで、会場周辺は交通規制が行われます。(上の図の赤い線のところ)

*駐車場、周辺道路ともに大変混雑が予想されています。可能な限り公共交通機関で行かれることをお勧めします。(名鉄西尾線・蒲郡線は景色も楽しめます!)

 

おススメ観覧スポット

打ち上げ場所から近いところで迫力満点の花火を楽しむには?

  • 恵比寿海水浴場のビーチで、座って、寝そべって見てもよし(階段もあります)
  • 恵比寿海水浴場西側防波堤で、吉良温泉の夜景と花火を同時に楽しむもよし
  • 海岸沿いの旅館に泊まって贅沢に見るもよし

少し離れたところからゆったり楽しむには?

  • 吉田漁港周辺
  • 西尾市の海岸線一帯

 

花火をド迫力で観覧できるおススメ旅館は?

渚のリゾート 吉良 竜宮ホテル

⇒公式サイトはコチラ

f:id:secondhandcar:20170704173943p:plain

 

少し離れて落ち着いて観覧できるおススメ旅館は?

吉良観光ホテル

⇒公式サイトはコチラ

f:id:secondhandcar:20170704174354p:plain

 

まとめ

地元の人々の温かさを感じられる『吉良花火大会』と、翌23日(日)まで開催されている『宮崎ぎおん祭り』は、三河地方ではとても有名です。

手作り感が心地いいお祭りです!この夏ぜひご家族で行ってみては?