2017年愛知の花火大会最新情報!デートや七夕祭りの日程や口コミ

2017年の愛知の花火大会最新口コミ情報です。七夕祭りの情報も織り交ぜて、日時や時間などの日程だけでなく、穴場スポットやよく見える場所、例年の混雑状況や駐車場の情報、また子連れやデートのお役立ち情報やおススメのレストランなどもお届けします。

2017豊田おいでん祭り花火大会の場所取りや穴場スポットは?

f:id:secondhandcar:20170706151216p:plain

(画像出典:http://www.oidenmaturi.com/

トヨタ自動車のお膝元、愛知県豊田市で開催される『豊田おいでん祭り』は、『おいでん踊り』と『花火大会』で構成される豊田氏最大のイベントです!

『おいでん踊り』は、地域の集まりや、友達同士、また会社の社員で編成された【踊り連】と呼ばれるチームが集まって、6月から市内各地で、独自の衣装と振り付けで、踊りを披露します。そこで選抜された【踊り連】は、2017年7月29日(土)に開催される『おいでんファイナル』に参加し、踊る人も見る人も一体となって祭りを盛り上げます!

そして、その翌日に行われるのが、『おいでんまつり花火大会』です。

1万発以上の花火が打ち上がる東海地区最大級の花火大会で、Yahoo!特集2016 『厳選!有名花火師が選ぶ、2016年のおすすめ花火大会10選』に3年連続6位に選ばれたほどです!

 

豊田おいでん祭り花火大会

日時:2017年7月30日(日) 19:10~21:00 雨天決行

*荒天時は中止

場所:愛知県豊田市 矢作川河畔 白浜公園一帯

打ち上げ数:非公開(1万発以上)

去年の人出:36万人

 

見どころ

全国でも有名な花火師による秀作花火の出品や、大迫力の手筒花火、会場いっぱいに展開されるナイアガラ大瀑布、また温覚に合わせて花火が華麗に打ち上がるメロディー花火など、盛りだくさんのプログラムで、見ている人々を色鮮やかな光の展覧会にいざないます。

お腹にドンッと響く乾いた破裂音と、視界一杯に広がる色とりどりのたくさんの光は、夏の思い出としていつまでも人々の記憶に残ります。

 

アクセス

電車

名鉄『豊田市駅』 または

愛知環状鉄道『新豊田駅』 から東へ徒歩10分

帰りの攻略ポイント

名鉄『豊田市駅』は花火終了後かなり混雑しますので、愛知環状鉄道『新豊田駅』か『新上挙母駅』まで歩いたほうが、すんなり電車に乗れる確率が高いですよ?

東名豊田ICから国道248号経由で車で15分(駐車場あり)

駐車場

会場周辺には無料の臨時駐車場が用意されていますが、ただでさえ渋滞の激しい豊田の街で、花火大会の日の混雑状況たるや、凄まじいものがあります…

来場者数36万人に対して、駐車場の台数は十分ではありませんので、できれば公共交通機関で行かれることをお勧めします

もし車で行かれるなら、『早めに行って早めに帰る』のが鉄則です!

または、会場から1駅分離れた駅に車を止めて電車で行くという手もありますが、帰りの駅の混雑もありますので、やはり早めに切り上げたほうがいいでしょう。

 

場所取り

花火大会の場所取りは当日の朝6時に解禁となります。解禁されると同時に、待ち構えた人々によって一斉に場所取りが始まります。


豊田 花火大会 場所取り 2013

最高の場所で花火を楽しみたい方は、朝6時までに白浜公園でスタンバイしましょう!

 

穴場スポットは?

毘森公園(ひもりこうえん)

名鉄『豊田市駅』または、愛知環状鉄道『新豊田駅』を降りて、花火会場とは逆の西方向にある公園です。打ち上げ場所から距離があるので、大迫力とはいきませんが、公園のトイレもあり、小さいお子さんを連れてゆっくり観覧したい人にはもってこいです。

矢作緑地川端公園

花火会場から北にある公園です。こちらも混雑は少ないので、小さいお子さんを連れて行かれる場合は、安全に観覧することができるのではないかと思います。

 

最後に

豊田おいでん祭り花火大会は、見た人の満足度がとにかく高い花火大会です。特にフィナーレに繰り出される『ナイアガラ大瀑布』は、一見の価値ありです!

河川敷の公園が広いので、場所に拘らなければ、ゆっくりとリラックスしながら家族で楽しめる花火大会と言えるでしょう!