2017年愛知の花火大会最新情報!デートや七夕祭りの日程や口コミ

2017年の愛知の花火大会最新口コミ情報です。七夕祭りの情報も織り交ぜて、日時や時間などの日程だけでなく、穴場スポットやよく見える場所、例年の混雑状況や駐車場の情報、また子連れやデートのお役立ち情報やおススメのレストランなどもお届けします。

2017東海まつり花火大会の臨時無料駐車場は?アクセス方法もご紹介

f:id:secondhandcar:20170708143927p:plain

東海まつり花火大会は、愛知県東海市で毎年開催されている花火大会です。

市の中心部で打ち上げられるので、周囲のどこからでも花火を見ることができるのが特徴です。また、東海市の姉妹都市である沖縄市から『沖縄エイサー』団体を招待し、花火大会直前にはエイサー公演で花火大会を盛り上げます。

また会場となる大池公園の北側道路には、たくさんの夜店や屋台が出て、お祭りムードを一気に高めてくれます。

臨時駐車場も用意されますので、上手な利用法やアクセス方法についてもご紹介していきます。

 

東海まつり花火大会

日時:2017年8月12日(土) 19:20~20:30 少雨決行

*荒天時は翌8月13日(日)に延期

場所:愛知県東海市 大池公園

打ち上げ数:4,000発

去年の人出:13万人

 

見どころ

前半は約10分毎、後半は約5分毎に大スターマインや大乱玉が打ち上げられるので、スケールの大きさと迫力には定評があります。また夜空に大きく広がった花火が、公園内の池に映る様子はとても美しく感動的です。

エイサー公演を見て、夜店で買い物をし、打ち上げ花火を観覧する、という東海市の夏の風物詩は、思い出の1ページとして、大人になっても懐かしさを感じさせてくれます!

 

アクセス

電車

名鉄常滑線『太田川駅』か『新日鉄前駅』から徒歩15分

『太田川駅』から花火会場の南にある『東海市役所』へは、午後3時から、らんらんバスが無料臨時運行を行います。

また通常運行の「らんらんバス」も、以下の時刻表通り無料運行します。

f:id:secondhandcar:20170708153140p:plain

(画像出典:https://www.tokaikanko.com/

知多半島道路 大府・東海インターから国道155号と半田街道経由で20分

駐車場

臨時無料駐車場:約2,000台(近隣の小中学校など)

開放時間:各小中学校は15時~22時

f:id:secondhandcar:20170708154317p:plain

(画像出典:https://www.tokaikanko.com/

例年の感じですと、駐車場が開放される午後3時くらいであれば、確実に駐車することができます。午後5時を過ぎてくると無料駐車の空きがかなり少なくなるのと、道路が渋滞し出すので、駐車するのが大変になります。

その場合には、太田川駅周辺の有料駐車場を探したほうが良いかもしれません。

 

穴場スポット

前にも書きましたが、東海まつり花火大会は、周囲のどこからでも見ることができるという特徴がありますので、わざわざ中心部まで行かずに、自分だけのベストスポットで楽しむ方もいますし、車で適当に走っていたら花火がよく見える場所を見つけたということもあります。

ここでは1か所だけ、穴場というよりも、花火がよく見えるおススメスポットをご紹介します。

アピタ東海荒尾店

ここは地元ではある程度有名な観覧スポットですので、屋上駐車場は早い段階で一杯になります。是非早めに行って駐車しましょう。

 

東海まつり花火大会まとめ

夜店や屋台は花火会場である大池公園の北側道路に出ますので、ここに近い臨時無料駐車場である、平洲中学校に駐車する場合は、帰り最も車を出しにくいと思いますのでお気を付けください。

エイサー公演見て、お祭り気分を存分に味わいたい方は、大池公園まで行って観覧しましょう。でも、お子さん連れなどで、あまり混み混みしてない方が良いという方は、アピタや周辺の公園などからでも、十分見ることができます。