2017年愛知の花火大会最新情報!デートや七夕祭りの日程や口コミ

2017年の愛知の花火大会最新口コミ情報です。七夕祭りの情報も織り交ぜて、日時や時間などの日程だけでなく、穴場スポットやよく見える場所、例年の混雑状況や駐車場の情報、また子連れやデートのお役立ち情報やおススメのレストランなどもお届けします。

2017海の日名古屋みなと祭花火大会の穴場スポットは?中止の場合の観光スポットは?

f:id:secondhandcar:20170716221605p:plain

2017年7月17日(月・祝)は、名古屋っ子が待ちに待った『海の日名古屋みなと祭花火大会』が開催されます!

当日の天気が気になるところですが、何とか天気が良い状況で開催されたいところですね。

会場近くは、築地口の交差点以南の道路は車両通行止めになるだけではなく、たくさんの屋台や夜店が軒を並べ、多くの人で賑わうので、築地口駅で降りて会場まで歩けば、お祭り気分を存分に味わうことができるでしょう!

また、花火大会の会場は約39万人の人出が予想されていて、凄い混雑になりますので、混雑の少ない穴場スポットで観覧するという手もありますよ?

荒天で花火大会が中止になったときの観光スポットも併せてご紹介していきます。

 

海の日名古屋みなと祭花火大会の詳細は?

日時:2017年7月17日(月・祝) 19:30~20:20 雨天決行

*荒天時は中止

場所:愛知県名古屋市港区 名古屋港ガーデンふ頭一帯

打ち上げ数:3,000発

去年の人出:39万人

 

海の日名古屋みなと祭花火大会の見どころは?

  • 10号玉をはじめとする大玉の連続打ち上げ
  • 創作スターマイン
  • メロディー花火 など

やはり、海の上から打ち上がる花火は、奥行のある空間に巨大に広がる大玉が圧巻です!でも正確にプログラミングされた打ち上げによる、芸術的なスターマインも見逃せませんよ?その美しさは思わず瞬きを忘れるほどです…

 

海の日名古屋みなと祭花火大会は名古屋駅や栄からも観覧できる!?

名古屋テレビ塔のスカイデッキ

名古屋市中区栄にある『名古屋テレビ塔』のスカイデッキは、地上90m地点にあり名古屋の夜景を一望できるスポットとなっています。

ここから見える、海の日名古屋みなと祭花火大会の花火は、空調の効いた室内から、360度ガラス張りのスカイデッキから、快適に観覧することが可能ですよ?

名古屋テレビ塔の19:30からの展望料金

大人(高校生以上):1,000円

小人(小・中学生):500円

ミッドランドスクエアのスカイプロムナード

名古屋駅前にある『ミッドランドスクエア』の44Fから46Fにあるスカイプロムナードは、地上220mです。こちらからも海の日名古屋みなと祭花火大会がよく見えますよ?

ミッドランドスクエア・スカイプロムナードの展望料金

大人(18歳以上):750円

シルバー(65歳以上):500円

中高生:500円

小学生:300円

 

海の日名古屋みなと祭花火大会が中止になった時の観光スポットは?

名古屋港水族館

f:id:secondhandcar:20170716234551p:plain

名古屋港水族館は海の日名古屋みなと祭花火大会会場のすぐ近くにあります!花火大会が中止になった時は、その足で水族館に向かわれてはいかがでしょうか?

花火大会当日は午後9時まで営業しています。

⇒公式サイトはコチラ

リニア・鉄道館

f:id:secondhandcar:20170716235125p:plain

東海道新幹線を中心に在来線から超伝導リニアまでの展示を通じて高速鉄道技術の進歩が紹介されている施設です。子供から大人まで楽しめますよ?

⇒公式サイトはコチラ

レゴランド

f:id:secondhandcar:20170716235942p:plain

2017年に名古屋にオープンしたレゴランドのアミューズメントパークです。とても奥深いレゴの世界を堪能できますよ?

⇒公式サイトはコチラ

 

海の日名古屋みなと祭花火大会まとめ

海の日名古屋みなと祭花火大会は、たくさんの屋台が出ますし、とても大きな10号玉が打ち上がるので、是非とも間近で見たい花火大会です!

しかし、高層展望デッキからの花火観覧も、また違った趣があると思います。名古屋駅のミッドランドスクエアや栄のテレビ塔からは、キレイに花火が見えますので、人混みが苦手とか、渋滞が嫌だという方は、ぜひお試しください!

また、もし残念ながら天候の関係で花火大会が中止になったとしても、名古屋港の周りには、多くの観光スポットがありますので、寄ってみてはいかがでしょうか?

子供から大人まで楽しめるスポットが盛りだくさんですよ?